診療のご案内

診療のご案内

琉球大学医学部脳神経外科では、主に髄膜種・神経膠腫・転移性脳腫瘍・神経鞘腫・聴神経腫瘍・下垂体腺腫などの脳腫瘍と、脳動脈瘤・脳動静脈奇形などの血管障害、および顔面痙攣・三叉神経痛などの機能的疾患の診療にあたっています。
手術治療は、顕微鏡下開頭手術だけでなく、内視鏡手術、化学療法、定位的放射線治療などを組み合わせ、患者様の生活の質を重視した集学的治療を行っています。また、手術治療には脳機能を最大限に温存するために、術中の脳機能モニタリングや術前の大脳機能マッピングなどを取り入れ、安全かつ有効的な手術療法を実践しています。また、ナビゲーションシステムや血管内手術などの最先端の技術を駆使して、手術の安全性を高める努力を続けております。

脳腫瘍 髄膜腫
下垂体腫瘍
聴神経・前庭神経腫瘍
神経膠腫
悪性リンパ腫
転移性脳腫瘍
脳血管障害 脳血管障害(脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、頸動脈狭窄)
脳動静脈奇形
機能性疾患 顔面けいれん
三叉神経痛
小児脳疾患 先天性疾患
脳血管障害
脳腫瘍
その他 頭部外傷
水頭症
脊椎疾患

外来診療案内

  • 初診は紹介状が必要となります。
  • 午前中の診療となります。
  • 午前10:00~11:00までの受付となります。(予約のある方はその限りではありません)
  • 出張等で代診になるときがございます。 電話にて確認後、ご来院下さい。
外来表

機能的磁気共鳴画像法を用いた脳機能解析と脳機能マッピング

当科は手術の安全性を高める目的で、手術適応のある患者様には運動・言語・記憶機能に関する脳機能検査を行っております。
術後に運動麻痺、失語症などの後遺症を引き起こさないためにも、術前に運動・言語機能に関連した脳活性化部位を知ることは重要です。
脳機能検査は、超高磁場3テスラMRI装置(GE メディカル社製 Discovery 750)で行っております。
脳機能検査といっても、人差し指と親指を動かしてもらう単純な運動課題やディスプレイに表示される写真や言葉を見て、ボタンを押すといった簡単な検査ですので、お子様から高齢の方まで問題なく検査できます。

当科でのfMRI 検査の例
当科でのfMRI 検査の例

指の運動のfMRIの結果を、3D処理を施し、表示してあります。 赤黄色が指の運動で活性化した脳領域です。 緑色が腫瘍を示しています。

当科でのfMRI 検査の例

言語機能に関するfMRIをマッピングしています。赤黄色の部分が言語課題において活性化した脳領域、緑色が腫瘍を示しています。
言語領域の近くに腫瘍が発見されましたが、手術前の言語機能のfMRIによって言語機能に関係する脳領域を同定できました。手術では安全に腫瘍を摘出することができ、失語症などの大きな後遺症を回避することができました。

ニューロリハビリテーションの実践

ニューロリハビリテーションとは、 脳科学・神経科学を基盤に中枢神経損傷後の神経機能回復の促進を目的としたリハビリテーションです。
琉球大学医学部脳神経外科では、脳血管障害や脳腫瘍などの中枢神経性の運動機能障害を有する患者様の機能回復促進を目的に経頭蓋直流電流刺激(tDCS)、Hybrid Assistive Limbs(ロボットスーツHAL®福祉用)を利用した急性期ニューロリハビリテーションと機能的MRI(fMRI)を用い、その効果について脳科学的視点から検証しています。

経頭蓋直流電流刺激(tDCS)について

概要

tDCSは頭皮上から微弱な直流電気刺激を行うことで脳機能を変化させる手法を治療に応用しています。1mAの微弱な電流によって、損傷された脳の運動野を刺激することで、運動野の活性化を高め、運動機能回復を促進させることが期待されています。
琉球大学医学部脳神経外科では、脳腫瘍や脳血管障害により上肢の運動麻痺を呈した患者様を対象にtDCSを用いた治療を
行っています。ただ、tDCSは国内の薬事法において認可された医療機器ではありませんので、あくまでも臨床研究として患者様の同意のもと実施しております。

tDSによる運動野の活性化変化
運動野の活性化変化_図1

指の運動のfMRIの結果を、3D処理を施し、表示してあります。 赤黄色が指の運動で活性化した脳領域です。 緑色が腫瘍を示しています。

運動野の活性化変化_図2

刺激前には活性化が見られなかった右運動野に1mAの電流を30分間刺激したのち、右運動野の手の領域の活性化が現れ、上肢の運動麻痺も改善しました。

ロボットスーツHAL®福祉用

概要

ロボットスーツHAL®福祉用は筑波大学及びCYBERDYNE株式会社により共同開発された動作支援型のロボットスーツです。ロボットスーツHAL®福祉用は筋活動電位、両足底の荷重分布、股関節及び膝関節の角度情報を基に股関節及び膝関節のアクチュエーターによって関節トルクをアシストする装着型の動作支援機器です。
琉球大学医学部脳神経外科では、運動麻痺等による起立障害・歩行障害のある患者様に両脚モデルを用いて、膝関節・股関節の屈伸運動、起立動作、立位バランス訓練、歩行訓練等のリハビリテーションを実施しております。ただ、ロボットスーツHAL®福祉用は国内の薬事法において認可された医療機器ではありませんので、あくまでも臨床研究として患者様の同意のもと実施しております。

ロボットスーツHAL
ページトップ