研究室研究内容

研究内容

研究対象

脳腫瘍、脳血管障害、高次脳機能解析など、幅広い分野を研究対象としています。

最近の研究成果

Enhanced antitumor effect of YM872 and AG1296 combination treatment on human glioblastoma xenograft models. Takashi Watanabe, Toshiyuki Ohtani, Masanori Aihara, Shogo Ishiuchi. Journal of neurosurgery 2013;118(4):838-45.

大学院募集

現在以下の領域・分野において大学院生(博士課程、修士課程)を募集しています。

先進情報医科学領域 脳神経賦活科学分野の研究内容
  • ・浸潤性増殖を示すがんに対する幹細胞生物学的解析に基づく治療開発
  • ・海馬神経幹細胞を標的とした高次機能障害治療剤の開発
  • ・グルタミン酸受容体を標的にしたがん分子標的治療剤の開発
  • ・がんに対する重粒子線の生物学的解析
  • ・fMRIを用いた脳機能解析
お問い合わせ
ページトップ