臨床研修

琉球大学脳神経外科 研修プログラム

このページでは、琉球大学脳神経外科の後期研修プログラムを紹介しています。
医学生、研修医の方々を対象としていますが、熱意のある若手脳神経外科医を幅広く募集しています。施設見学も随時受け付けております。担当者にお気軽に連絡下さい。 担当者 渡邉孝 wtakashi@med.u-ryukyu.ac.jp

概要

脳神経外科は、中枢神経系(脳脊髄)、末梢神経系及び頭蓋、脊椎に発生する疾患を主な対象とし、臨床から研究まで様々な分野が融合して成り立っている診療科です。
近年、学問や科学技術の進歩により、脳腫瘍、脳血管障害、血管内治療、頭部外傷、脊椎・脊髄外科、小児脳神経外科、機能的脳神経外科、定位放射線治療といった専門分野(subspeciality)が発展してきました。それぞれの分野におい て、高度な専門性を持った知識を必要とし、特殊な治療技術・手術手技を必要とします。また、各専門分野において、幅広い研究分野を有しています。これからは、各専門分野における高度な技術を有する脳神経外科医が協力して地域の医療に貢 献していくことが望まれる時代となります。

  • 琉球大学脳神経外科では、subspecialityを持った専門医育成を目標として、
  • 1)脳神経外科専門医取得
  • 2)博士号(学位)の取得
  • 3)subspeciality
  • の確立を柱として研修プログラムを構成しています。

脳神経外科では、卒後6年終了後に脳神経外科学会専門医試験があります。初期研修が終了後、卒後3年から6年までの4年間では、脳神経外科領域における幅広い疾患を偏りなく経験できるよう関連施設と連携して研修を行います。この期 間では、専門医として必要な基本的知識や手技の習得を目標とします。卒後7年目に脳神経外科専門医試験を受験し、脳神経外科学会専門医を取得します。

将来的にsubspecialityを確立していくためには、基盤となる基礎研究や臨床研究が必要であると考えられます。琉球大学脳神経外科では、個々の希望にそって大学院進学や留学の機会を設けます。研修中の3~4年間で大学院を修了し、 博士号(学位)を取得します。

脳神経外科のsubspecialityとして、脳腫瘍、脳血管障害、血管内治療、頭部外傷、脊椎・脊髄外科、小児脳神経外科、機能的脳神経外科、定位放射線治療といった分野があります。脳神経外科学会専門医取得後、個々の希望や適性によっ て、subspecialityを選択し、指導医のもとで研修を行います。

認定医としての基準を満たし、試験に合格することで取得可能な認定医
  • ・日本脳卒中学会専門医
  • ・血管内治療学会専門医・認定医
  • ・日本てんかん学会専門医
  • ・日本神経内視鏡学会認定医
  • ・日本脊髄外科学会指導医・認定医
  • ・がん治療認定医・指導医
琉球大学脳神経外科で研修を行う関連病院(C項施設)
  • ・浦添総合病院脳神経外科
  • ・大浜第一病院脳神経外科
  • ・沖縄赤十字病院脳神経外科
  • ・敬愛会中頭病院脳神経外科
  • ・中部徳洲会病院脳神経外科
  • ・南部徳洲会病院脳神経外科
  • ・ハートライフ病院脳神経外科
琉球大学脳神経外科 後期研修プログラム モデルコース
パターン2
3年次 4-6年次 7年次 8年次から
大学病院 大学病院
関連施設
大学病院 大学病院
関連施設
指導医もとで研修
・神経学的所見
・診断技術の習得
・手術適応決定
・周術期管理
・放射線・化学療法の基礎
・腰椎穿刺
・穿頭術の術者
・開閉頭技術の習得
・顕微鏡下手術基本
・脳血管撮影
・脳卒中・頭部外傷の急性期管理
・手術適応決定
・周術期管理
・脳血管撮影
・腰椎穿刺
・穿頭術の術者
・開閉頭技術の習得
・顕微鏡下手術基本
・専門医試験
・脳神経外科診療
・subspecialityの選択
・認定医取得
大学院進学・博士号取得
ページトップ